合格者(ENさん)の声「試験に受かるだけでなくキャリアコンサルタントとしてやっていく」

2018年07月11日 22:09

今日も第8回キャリアコンサルタント試験合格者の声をお届けします。

今年の3月に養成講座が終了し、苦手なロープレを6月の実技の試験までに、どうやって学習していくか悩んでいる時、スカイプ塾を見つけ、早速申し込みをしました。


初回のロープレでは、緊張でどもったり、頭が真っ白になって言葉出てこなかったりしましたが、木原先生が根気よく丁寧に指導してくださったおかげで、2回目、3回目と徐々に自然に質問が出てくるようになりました。                        


養成講座では、逐語録の作成を習っていなかったので、スカイプ塾で初めてロープレの逐語録を作成しました。


自分の言葉を何度も聞き、逐語録に落とす作業には、かなりの時間を費やしましたが、この作業と木原先生のフィードバックが振り返りとなり、クライアント状況や気持ちを深く洞察する重要性を学びました。                           


 また、逐語録の木原先生からのアドバイスも「はい」や「そうなんですね」を連発しているところを他の言葉に変えるよう指導を受けたり、質問内容も、どのタイミングですればよいかを丁寧に分かりやすくご指導いただきました。


木原先生から教わったことで一番心に響いたのは、「試験に受かることだけが目的だと、キャリアコンサルタントとしてやっていけないですよ。」という言葉です。


これからも初心を忘れず、自己研鑽に努めていきたいと思っています。

木原先生、4ヶ月間本当にありがとうございました。

ENさん、計12回のロープレで毎回、毎回逐語録に落とされ良く着いてきていただきました。
合格おめでとうございます。嬉しく思います。
初回のロープレの印象は苦手意識がとても強く、ロープレ中も『とにかく早く終わらせたい!』思いがすごく感じられました。
ロープレを重ねるたびに上達されていかれましたが、クライエントを前に「こう言わなきゃ」「こうしなきゃ」と引き出し方式の技法を出されるので、試験に合格することが全てではなく、キャリアコンサルタントとしてこれからやって行くためには、CLに寄り添い一緒に考える姿勢をわかってもらいたくて、強く言ったことを思い出しました。
しっかり覚えていらっしゃったのですね。
これからもキャリアコンサルタントの道を切磋琢磨し歩んで行きましょう。
益々のご活躍をお祈りいたします。